2017年04月29日

チャーリースムージーBar-17

先週やったのが名づけて「よくばりMIX」。
ミネオラオレンジ+りんご+トマト+はちみつ少々(これは初かも)+きゅうり+にんじん+レモン+かぶ葉+植物酵素エキス入りゼリー

入れればいいってモンじゃないだろ。ってほどやたら入れてしまいます。これからの季節、氷を数個足すと、キュンと元気の出る一杯になりまつ。
posted by CHARLIEE at 07:18| お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

営業トークであっても-1

先月工房へ出したヤマハのギター/パシフィカ。けっこう痛い出費となったけれど、状態の診断もしてもらったし、ギターの構造の勉強にもなった。(後日作業工程の写真を掲載する予定)

その時嬉しかったのが、直してくれたリペアマンさんから、これはパシフィカのシリーズの特にそんなに上位モデルではないのに、本当に音が良いギターですよね、と言われたこと。たとえ営業トークであっても、嬉しい。

そうなのだ。
だからこのギターが好きで好きでたまらず、ずっとメインに使っているのだ。それでネック逆反り起こすまで酷使しちゃったわけだけど。(といっても通常の構造からいうと順反りになるはずなのだが反対だった。)


ロックでもフュージョンでも、果てはメタルでも、オールマイティーに使えるし、ピックアップをフロントにすれば、音が太い。ディスコ系カッティングでも、ジャズでもいけるので、とっても"スタジオミュージシャン的な仕事向き"なギター。


このギター、頻繁に言われるのが「音の抜けがいい」。
エフェクターのかけすぎで芯がなくなるという現象は、にわかエフェクターマニアの陥りやすい点。一度蟻地獄に落ちたので目が覚めたチャーリーさん(笑)、心を入れ替えて、ギター本来の音を大事にしながらギリギリの線でエフェクトかけて、かけすぎないで元の音のキャラを大事にしながら"音を化粧する"ことをいつも気にしているが、今回の工房のリペアマンさんからも言われたことはワタシ個人の話でなく、ハード面をほめられたわけで。いや、それでも嬉しいほめ言葉であった。
posted by CHARLIEE at 07:09| ギタリスト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

チャーリースムージーBar-16

レモン+ウイダーインゼリーマルチビタミン半分+トマト+バナナ+かぶ葉+りんご

初の試み、邪道かと思うが・・ウイダーを入れてしまった。くそ忙しい朝にも、いろいろ入れて研究研究。継続は力なり。腸スッキリ生活にスムージー。
スムージー本とやらは、一冊も読んでないけど(笑)巷ではしこたま出版されとるからのう。これから始めたい皆さんはそれを参考にするのもひとつの手かと。
posted by CHARLIEE at 19:43| お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

ローカゲンショー

体力に自信あり。しかし抗えない老化。それは白髪。ヘアダイの間隔が月イチでないと追いつかない感じでひどい。月イチいけてませんが。そこで使ってみたのがマスカラタイプの部分染め。重宝している。中のほうに隠れていればまだしも、てっぺんにちょこちょこ出てくる奴らを染めるのに適している。

自分では見えにくい頭頂部の後方は、チビ子にやってもらう。地肌にはつけないでよ〜と口酸っぱく指示し、やり終わった?と聞くと、「ううん・・・まだ10ぽんいじょうあるよ! あ、まだこっちにもある」だと(('A`;))え? だめだこりゃ( 」´O`)」

チャーリーさん喫緊の白髪問題。いっそのこと全部白くしてしまえばいいのか。って無理だよな。(笑)
posted by CHARLIEE at 16:39| 日常、他、思うことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Japanese pickles-15

先日、チャーリーのぬか床に新食材「生のブロッコリー」。「ゆで」は入れたことあるけど・・・・うーん、いまいちな結果。
数日冷蔵庫で漬けてみたが、あまり浸透しない気が。ちょうどぬかの量も減ってきてたところで、"漬かる環境"ではなかったのも敗因かと思う・・・。半年ぶりにぬかをふやしたので、再挑戦してみたい。


最近は、かぶとかぶ葉がやっぱり最高。野菜からの水分が大量に出たら都度、適度にキッチンペーパーで吸い取って、粗塩、昆布を足したり、たかの爪やゆず皮を入れたり、6月で1年半になろうとしているチャーリーズぬか床。


たまに常温で1日出しておいといたりするも、基本冷蔵庫に保管。冷蔵はしているといっても、これだけ毎日せっとせといろいろ漬けこんで、当然手でじかに触ってるし、手はそんなにアルコール消毒とかまで神経質にした手でもなく。だから正直・・・雑菌とか増えてないか心配にならないこともないが、なにせ毎日食べててお腹は何ともないから。「自分人体実験」の結果(笑)。

ただ・・・・私以外の家族は誰も食べようとしない。おいしいのに。においがNGらしい。。。


乳酸菌と酵素たっぷり。手軽に始められるキットもすぐ買えるし、いい時代になりました。おかげさまでもともと胃腸は丈夫なほうだけどもますます好調、肌も好調。ま、顔じゅうのシミや目じりの小じわは、まったくの別問題ですがね・・・(半笑い)。
posted by CHARLIEE at 15:47| お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

あったあったー

友達のブログに便乗〜。

印象に残っている本(学校にあった)が、友達は『大きい1年生と小さな2年生』。私も憶えてる! 懐かしくなった。
友達が昨日21日、ブログを更新していたんだけれど、私がまだ見ていないそれより前の時間帯にちょうど、うちのチビ子の通信教育の教材の、教科書準拠のドリルじゃないほう(応用発展編みたいなほう)が4月分たまっていたのでペラペラ開いて見ていたら、ちょうど『大きい1年生と小さな2年生』が問題文に使われてたの。出典みて、あーあったなー懐かしいなーなんて思っていて。

そのあと友達のブログを読んだもので。偶然すぎてびっくり。(笑)


私は、本を読んだのと、記憶が定かではないが、このお話の"実写の映画"を見た気がする。2年生役がおかっぱで小さいけど気の強いような女の子で、1年生が大柄な男の子で、二人とも適役って感じで。木陰の道というか自然の中の道を歩いてたりするシーンが記憶にかすかに残っている。


どこで見たんだろう。学校ではないような。地域でもないような。テレビだったのかな。あの頃、女優の樫山文枝(or 木内みどりかな??)が案内役をつとめる、子供向けのショートドラマみたいなのがゴールデンタイムにやってたの。

原作が学校に置いてあるような本で、PTA推薦にしてもおかしくないような。(笑) たとえば「水色のジュン」とか「チョコレート戦争」とか、あばれはっちゃくの中期がやってたくらいの時代。あれは・・・82年くらいかなぁ。もしかしたらその中で観たのかもしれない。

いや、違うわ・・・・やっぱり映画の気がする。暗いところで見た気がするもの。あ、日記調べればいいのか。(笑)
posted by CHARLIEE at 09:50| 子育て・家族・親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャーリースムージーBar-15

このスムージー報告シリーズ。組み合わせが違うので投稿しているので、日報ではない。15ということは15パターン目ということなんだな。

バナナ+トマト+いちご+セミノール+ゆで小松菜+ピンクグレープフルーツコラーゲンゼリー
セミノールとは、なんだか殺虫剤か消毒剤を想起させるような名前の・・・柑橘。

ってか怒涛の1週間、疲れたんなら早く寝ろよ私・・・。
posted by CHARLIEE at 00:36| お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする