2017年05月06日

突撃☆チャリ家の晩ごはん-130

【小籠包(もどき)入り ふかひれスープ】

「ふかひれスープ」は市販のものを使った。・・・といっても私が自発的に買ったのではなく実母がうちのキッチンへ差し入れしてくれたもの。手作り派なので基本、そういうの買わないからねぇ。
と言いつつ、最近、生協の調理キット(献立に合わせて肉と野菜とたれがトレイにセットされて配達されるもの)が便利で、2週に1回くらい買ってるけど。


さて小籠包もどき。というか水餃子風。
薄力粉と強力粉を半々くらい、+片栗粉少々と塩を混ぜて、たたいて踏んでこねたものを、打ち粉をしながら麺棒で薄ーくのばし、皮を作る。

中身は、豚ひき肉、しいたけ、たけのこ、玉ねぎ、ニラと・・「餃子と肉まんのコラボ」(笑)みたいなあんにした。うちの弟が本格餃子つくる時にゼラチンで固めたスープを入れたりするけど、そんな凝ったことやってられっか(笑)、迷わず省略!

塩、こしょう、ガラスープ、しょうがのすりおろし、砂糖、黒ごま油、片栗粉を混ぜて、練り練り。

さきほどの皮で包んでひねって24コ(もっと?)は作ったかな? スープに入れて煮る前に、いったんお湯でゆでてボールに上げておいた。くっつくけどスープに入れればまたはなれるので気にしない。スープは市販のスープに野菜と塩を足して増量。


肝心の小籠包もどきだが、強力粉も入ってるから皮がもっちもち。スープに入れないで釜揚げのまま、このままをポン酢で食べてもいいわよ奥さん。(笑) チャーリーさんちで常時手作りのドレッシング(しょうゆベース)でもいけると思う。

とにかくもちもちがたまらないので皮の手作り、おすすめします!
posted by CHARLIEE at 08:28| お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

突撃☆チャリ家の晩ごはん-129

休日くらいしか、しかもたまーにしか揚げ物しないので。。。
【サーモンフライとかじきフライの自家製タルタルソースがけ】

チャーリーブログでは定番・刺身用サーモンと、フツーの生めかじきで、いたってフツーにフライ。小麦粉→卵の工程が面倒くさいので、小麦粉ととき卵を混ぜ混ぜして+塩味もつけてしまう。フツーにパン粉をつけて、(うちは米油で)揚げる。


たまたま、北海道産小麦の小麦粉 と 北海道産小麦のパン粉 だったので、北海道づくし! (べつに魚は北海道産ではないのに衣だけで"づくし"と言ってしまう(笑))


タルタルソースは、
すし酢に漬けておいたきざみきゅうりと、さっと湯通ししたきざみたまねぎを、レモン汁とマヨネーズとコンソメ少々、塩、三温糖、はちみつ、こしょう、バジルを混ぜ混ぜしたものに投入。きゅうりがつかってた汁のすし酢も味を見ながら足して混ぜて、できあがり。ゆるめだが味の雰囲気はすっかりタルタル。(笑)


味噌汁は、魚を揚げる前にさっと揚げたなすをジュワ〜っと投入した「揚げなすの味噌汁」。うまいんだよねこれが。おすすめ。
posted by CHARLIEE at 20:53| お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

Japanese pickles-16

久々に、ゆでて皮をむいたつるつるのうずらのたまごをぬか床へポコッと投入。冷蔵庫で約1日。新しいぬかを足し味も旨みもフル装備になったとこだったのでよく漬かった。黄身の芯までとはいかないが白身は完ぺき。チーズのような、なんともいえない味わい。ご飯のおかずにはならない。つまみちゅうか珍味の域ですな。燻製ならば見たことあるが・・・「ぬかうずら」なんてぜしぜし商品化したい逸品デアル。

そういや今日のチャーリーぬか床は、半割りかぶさんに横たわるきゅうり君に並ぶうずらちゃんたち5コと・・・超満員だった。
posted by CHARLIEE at 22:17| お料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする