2017年07月26日

チャーリー画伯。-2

去年の今ごろは二次の実技が終わった頃。
結果・・・100点満点換算で、造形(描画)が84で・・・音楽のほうでなぜか76という、大変ショッキングな点数(笑)。。。

そんなチャーリーさん、
職場で・・・仕事で必要になるものについて「チャーリー先生こういう○○○って描けますか チャーリー先生こういうのうまいから」 突然スマホの画面でイメージ画像をみせられ、完コピではないが模写することに。

「こんな感じですかね」フリーハンドでササササッと画用紙に描いていく。
「すごーい」「うまい!」などとおだてられたが・・・

あのー テキトー感満載なんですけど。。。

即採用。え、ウソでしょ? そのまんま私の描いたこっから型をとって大量生産する??

部品も描いて、色決めて、切って、残りを型とって切らせて・・・あれよあれよという間に数人で作業が進行。

その続きで今日は・・・○○の文字って何色がいいでしょう? どんな感じで? ときたもんだ。私デザイン指示出す人?(笑) 白ヌキで色指定すると即採用。当然そのとおりに出てきた。
土台に貼っていくと・・・まずはサンプル1つ完成。
できあがりが・・・「うわー かわいいー」 すべてその場の勘で決めたが、色のバランスも良かったらしい。

こういうことなら何もウンウン考えず無限にアイデア出るんだけどもね、肝心の本職のほうがね・・センスいまいちどころか毎日自分のバカバカバカーと・・・凹んでる。。。テキパキできない人トロイ人=ワ・タ・シ・・・ 自己嫌悪〜〜

ピアノや創作系だけ良くてもね・・・(汗)
posted by CHARLIEE at 22:03| 仕事デイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

不親切以上クドクド以下

仕事の引き継ぎや教え方の話。
デジタル寄りのことをしている友達の話、デジタル寄りのことの口頭で言われるというママ友の苦悩、最近いろいろ聞くが、タイプは違っても、私も前の職場でも今の職場でも感じる事が「伝え方」の件。


知識が豊富な人って、そこだけを切り取るとすごい人ではあるんだけど、その知識なり技術なりを、未熟な人やまだ知らない人、初めての人に、わかりやすく伝えるとなると、上から目線ぽい物言いになっていたり、受け取る側が困っていることや悩むポイントをつかんで、下がそれをうまく乗り越えられるようには、伝えてもらえないシーンが少なくないように感じる。


言葉は悪いが、物知りであるがゆえのやや高飛車寄り(※本人自覚なし)の言い方が、不快に思ったり、学ぼうとしてる側が逆に凹んだり。。。

そんな・・・子どもじゃあるまいし、いちいち凹んでる場合じゃないよと言われようとも、その言い方は嫌だな・・というのは正直あるよね。

でも同じようなことを言われる時に、他の人だとそれほど凹まなかったり。そこに出るのが人格の差なんでしょうね。。。


下の人には厳しく言う。多少は不快になっても厳しめに言う。時にはそれも必要なんでしょうけど。常時それだと言われる側はきつかったりする。


あとは「初めてきくこと」初見のことをさらさらっと言われて、はいじゃ今のよろしくと言われても、当然なになになに?となってしまう。それを即時理解しろというのは 押さえるポイントだけでも最初に言ってくれないと無理で。暗中模索状態のままだったり。

点が線になるために解説があればすっと腑に落ちるのに、線になるまでやたら遠回りさせられたり。質問力とかいうけど、何をどう質問したらいいという段階にまで「知っておくこと」が至っていない→もっといえば「知らされてない」。これは正直、自分のせいなのか、疑問ですよ。


この範囲は自分が考えて質問することではなく、前提として上に説明する義務がある、ってなことを平気で略されると、下は戸惑いまくるんですよ。ホント、時間の無駄だから。


そんなことまで丁寧に教えてる時間がないからとか、そんなことまで丁寧に言ってしまうと本人のためにならないから「自分で考えてね」、ということは仕事のうえでは実際にはあるでしょうけど、「そんなこと」と軽く定義していることが実は、下にしてみれば、、、「最初に断っておいてほしかったこと」だと、おいおいそれを言わないで略すのは違うよと。


たしかにいちいちマニュアル化や文字化できないことは膨大にありますよ。すべてを詳説されても、その時になってみないとわからないこともあるしね、全部言おうとしたらタダのクドい人になるしね。私なんかはどちらかというとクドクドタイプなので(笑)、クドクド言って余計人を混乱させる危険性を持っているから(笑)注意しないといけないけど。


だけどね、要点/概要としてフローだけでも説明があればポイントのズレたことを自分がやらなくてよかったのにと思うことがあると、腹も立つ。5分もあればポイント解説できそうなことを略されて痛手こうむるのはこっち。その5分があるのとないのとで自分の仕事にロスが出る。
糸口でも見えてればまだ質問できるけど、そのものがマル隠しされてると、存在自体知らなかったり。


後進が同じ目に遭わないように、人のふり見て我がふり 直そ。
posted by CHARLIEE at 10:21| 仕事デイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

要領の悪さ=頭の悪さ 

なんだろな・・・「私はトロい人」も日々実感(笑)しているような毎日。
たぶんベテランからすると常識というか前提のことが下にはうまく伝わりきってなくて(特に私のような頭の悪い人間には・・・)、よくわかってなくて動揺するという。


これでいいんだろか・・・って挙動っても、まずその場で不安なら確認しとけばいいんだけど、たぶんこうなんだろうなと勝手に想像したまま進んでしまい、あとになって(そういう意味だったの?!)(ああ、そういうことだったのね!)という事態に発展する。(それほど大げさな事でもないが・・)

共有がうまくいってない。ベテラン同士ならイチいえばツーカーで通じるところ、新参者には最初だけでも「これこれはこうなんです!」と要点だけでもいいから解説が無いと・・・・雑談の中で聞きかじったことだけでは、ハテナだらけで理解がイマイチという。文字ではわかっていても・・・。
特に初めて聞くことだと、一心にメモしてもイメージが全然わかなかったり。


兎にも角にも「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ってことだな。聞けばいいんだよね・・・


それでもよ・・・それはひとこと解説が欲しかった・・・ということが多々ありで、もうどうしたらいいのか。というよりおのれの取材力の乏しさ・・・要はおのれの頭が悪い! → 自己責任ってことが先に立つけども。(笑)


リーダー職の旦那に相談したら、聞かないで済ませたほうも悪いけど、職場のやり方(伝達方法)も問題・・・双方に課題・・・という結論に。


なんだろなァ。
知ってる、豊富なアイデア、すぐ出る知恵、経験値が高い、ってのはたしかにそうで優秀な人なんだろうけども、それを下の人が困らないよう、わかるよう伝える、のが(悪意はなく軽視され)省略されている気がしてならない。

親切心が足りない・・とまでは言わないけど・・・もう少し「新人育成」という観点から(ベテランにはすでに"常識"であることの)要点説明が少しでいいから欲しい。
実際そうなった時になって初めて困って聞いて、ああそうなのか!って思うのもまぁいいけど(実体験を伴って)、そうだと遅いこともあるからね。
と思う今日この頃。
posted by CHARLIEE at 21:10| 仕事デイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする