2018年06月17日

改造後

ロック関連(Rock、HR)で使う音たちを大幅改造。だいぶエッジが良い意味で立つように。ギター自体の本来の鳴りがもっとよく出るようになった(と思う)。家でもアンプは中型のJCを使っているが、ライヴばりの大音量で音をみることはできないので、スタジオに入ってから、全楽器がフルに鳴ってる状況の中で、演奏しながら、丁寧に、微調整に微調整を重ねてゆく。踏み替えによるパッチごとの音量差の調節も細部まで、3時間の中で行なえて気持ちスッキリ。ひと仕事したわ〜。


私のギター的 に「ロックなサウンド」についてだが。
どこへ行っても顔と名前を覚えられ好評いただくギターサウンド、ありがたいことですが、じつはメタル出身です(笑)。


元ヘヴィメタルとはひと口でいっても軟派な感じから美しい様式美モノまで多岐にわたっていて。20代前半まで硬派な本物のメタルを真剣に研究してレコーディングまでした身だからねぇ、たとえフュージョンであっても、音にどうしてもそちら方面の"エキス"が入ってしまうのだが(笑)、かえってディストーションの、何だろう、かけすぎではなく"しっかり味"が出せる。かえって、そう、音がカツーン!とヌケるのだ。変なオーバードライブかけてフェンダーのアンプでなよなよするよりかは、よっぽど。


改造は、今までHR仕様のシュミレーターを通していたんだけど思いきって外して、メタルのディストーションを入れた!(笑) でも仕上がりは、全然おかしくないんだな、不思議と。今日のリハ―サルの録音聴いたけど、かえってキレが良くなった。エッジが強まったのではなく、スッキリした。


というわけで今日もいろいろの労力を使い果たし、燃え尽きる。(笑) 明日も早いし、そろそろ体のスイッチ切ろ。疲れを感じない人ってやばいらしいからね。ある日突然コロッといかないように(笑)健康管理も仕事のうち。
posted by CHARLIEE at 20:47| ギタリスト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"本日の現場"

"本日の現場"。リハーサル 3h in 新宿区。
KIMG0161.JPG
メンバー休憩・もぐもぐタイム中の ひっそりしたスタジオ。床でトグロを巻くケーブルたち。このあと名古屋セットリスト打ち合わせで、パワーランチ☆へ。付せんが大活躍。新曲も多め。


ところで6月8日に地震雲つうしん書いてるが、9日も経ってるのでその時のは違ったようだが、今日の午後デカめ来ましたね。

2日前に知り合いがFBに上げていた雲の写真(モワモワ放射状)が、なんとなく地震雲の様相を呈していた。今は気候的にはあの嫌な"ぬくさ"は来てないが、注意を要する。カラスの騒ぎ方と合わせて、雲も注意して観察していかなければ・・・。
posted by CHARLIEE at 20:15| ギタリスト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

オファーを頂戴するということ-2

バンドへのオファーを頂戴するということ(その1)でも書いたけど、たしかにたくさん話が来るのは非常にありがたい事だし、恐縮だし、嬉しいことなのだが、それだけに、条件が合わない時の「断り方」も難しいのだ・・・。良い条件提示してもらっても、ハコ自体はいいけれど企画(内容)がアレ?ってな具合でいまいちだったり、あまりにアウェーすぎて集客が不安だったり。


4月5月の段階で6月7月に・・とお願いされると、選曲の問題もあったり、そして何よりメンバーが 先がすでにライヴやリハーサルで埋まっており完全無理だったり。別バンドからは「チャーリー、さすがに名古屋ツアーの前日にライヴ入れるの無理だよね?(^_^;)」 すみませんそれはコンディションの都合上無理です〜「だよね〜 すいませーん 念のための確認で聞いてみましたー」ってな具合で。(笑)


9月世田谷区某所 11月名古屋某所 2月千代田区某所。これは決定事項になりそう。ですのでご来場いただけると有難いです。


もろもろ止まってるのがビートルズ。。。。リハ(ビリ(笑))が始まってない(汗)(汗)。
「いつやるの」とやたら聞かれるんだけど。ビートルズ以外のライヴでたまたま他を見に来た初対面のお客さんが、チャーリーさんは他には何を??と聞かれ、初期ビートルズと聞くと、必ず前のめりになる、それ世代のお客様がいる。スケジュールはどこ(のサイト)をチェックすればいいですかと。・・・く、苦しい・・・サイト作成はじつは私が作ってる途中で止めてて進んでない(もう餅は餅屋に頼んだ方が早い、デザイナーの方ー頼めますかー ※こっから呼びかけかい)・・・・しかも1年は休止してるかな、諸々止まってる。・・・いろいろ言い訳づくしですみません!!!(焦)


ちなみに赤プリは2月のイベントからこっち、FB経由で、好待遇なオファーが3件あり、「本格的なバンド」を探していました!と書かれると妙に嬉しかったが、いずれもメンバーのスケジュールの調整が立たず残念ながら・・・。とカッコつけた感じで(笑)丁重におことわり・・・。他経由の上の3件というわけ。


私個人は・・いろいろと受けすぎて、結局また"自分の研究"が遮断されるのもそれはそれで嫌なのでなんとも言い難いが。グループでの活動を完全なくすことは、「場数」という一番大事な観点からは、不可能なわけで。


以前に話の来た、ジャズフェスとかに出てる鍵盤の方のオリジナルフュージョンバンドも、その鍵盤の人に話を振られた当時、今は国家試験の二次があるからどうしても・・・NG・・・と断りを入れたら、それっきりになってしまった。他にギタリスト見つかったんだと思うが。


その時は笑えた。リハ帰りにファミレスに連行されて(笑)説得されるも、同席してくれた仲間があとで「チャーリーが二次があるから、この二カ月はもうどうしたってダメだよとあれだけ言ってんのに、今が試験に対してどんだけナーバスになってる時期か、空気の読めない人だなぁーー(笑)」と大笑い。


でもタイミングを逃すといろんなチャンスも逃している時があるので、現時点で嫌だから何でも断るってより、ちょっとは考えてみないとね。などと思い始める今日この頃。
posted by CHARLIEE at 22:50| ギタリスト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする