2017年09月18日

こぼれ話の、こぼれ話-2

先日の特撮関連のお知らせ、電子戦隊デンジマンロケ地ブログ『デンジ写シーン ふたたびッ!』更新☆はもうご覧いただけたでしょうか。


>>今回は、場所は判明させていたけれども精査には行けていなかった物件
そう。小田原城。遠くて近い小田原城。
※場所判明して実地踏査とレポが追いついてなかった物件。他にもそういう場所、まだまだごっそりあるので、再編のしがいがある。


本当にねぇ・・・・今年の関東地方の夏は、妙な天気が続いて、ロケ地写真撮影にサイコウなあのカァ〜ッとした日射しがなかなかゲットできず、「仕方ねぇ・・9月の休暇利用して1日で行くか」なんて書いたけどホントにその通りになった。


決断したのが前日夜。(笑) 日付変わる頃になって決断しDVDをチェックしながら静止画像をとりまとめ、プリントアウト。


決断の遅れの理由は → → こんな時にデジカメ故障中。(痛)(レンズが引っ込まなくなり画像の閲覧はできても撮影ができない 後日修理センターへ送付した)・・・・そのために今回諦めようとしていたが、ロケ地ブログ再編後は写真の大きさをほぼ一定にして、あまりデカく載せないので(別ウィンドウで原寸大表示の設定もせず)、携帯でも十分用が足りる気がした。


スマホ依存してないどころか、スマホ不携帯なので! 携帯しかないんだよね。(笑) ま、何の不便も感じてないんだが。


ダメ元で撮りに行き、もしできあがりに納得いかなければ、デジカメ直ったら再訪すればいい、の覚悟で行った。すると意外にごく普通の画質に撮って来られたので安堵した。・・・ただ、撮影時の画面が見づらいのでフレームにはめるのが至難の業。


天守閣の下から撮りたいアングルがあったのだが、真下が立入禁止なので、人目も気にせず余裕で腹ばいになろうとしたが、さすがに地面が燃えるように熱くてやけどしそうだったので(笑)あえなく断念。立入禁止のバーの下へ手を入れてギリギリの角度から。。。


天守閣の広場で、恥ずかしげもなく資料を広げ(笑)むつかしい顔をしてアングルを決めてスタンバってると「すみませーん!」オバチャン2人来た。シャッター押して。浪速のオバチャンらしかった。


革のスマホカバーのレンズ用にあいている穴がずれていて、革がレンズにかかっちゃって、写真の上の方が暗くグラデーションになってるので天守閣がカケると知らせるが、本人たち早く撮ってほしい一心で全然人の話を聞いておらず、私の説明いまいち伝わらず(笑)、大声で解説するとやっとカバーを取る気になって、こっちへ戻って来た。それが終わってやっと集中できた。


ロケ地での写真撮影といえば、私の場合、変に季節感が出ない(桜や雪や紅葉)よう、できるかぎり通行人が入らない(できればゼロ)写真がのぞましいと思っていて、今回気になるのは「人の多さ」だった。


しかし出かけてみると、平日の午前とあって人が少なく!(暑かったせいもあるか)到着してニンマリするのだった。それでもまったくいないわけではないので、いつものアレですよ、シャッターチャンスを狙いながら、人がいなくなる瞬間まで根気強くかつ不審に待つ!!(笑) 慣れましたけどね、ええ本当に不審なんですよ。


最初の橋でも不審。橋のかげに怪しーく待機。しかも黒い帽子目深にかぶり・・だし、白い紙(資料です!)握りしめて、まー怪しいこと極まりなし。しかも手にガラケーですし。


門へ行けば門付近をウロウロしながらあやしく待機。天守閣広場では木の下で涼みながら人が消えるのをじっと待つ。撮ろうとして構えると横から老夫婦が来ちゃって(あ〜あ・・・)。・・・・忍耐ですよ。


天守閣の内部には用事はないんだけど(笑)、一応入って屋上あがって急いでおりて全体像を把握して、あの回のハイライトともいうべき"赤い橋"を捜しに地上へおりた。・・・・分析した結果、橋が消えている?? 工事中で通り抜け不可の橋は、件の橋ではない・・??


謎を解明すべく、資料館と案内所、ダブルで話を聞いてみたが見解が一致。ここからこの方向に架かってましたよね?? 私の観た印象&予想ともトリプルで合致。橋はすでに撤去されていたのであった。


脱力したが、気を取り直して、痕跡のすみやぐらを携帯におさめ、おとなしく駅へ。(笑) 2時間半ポカリスエット片手によく頑張った。んなもんでべらぼうに腹が減り、和食レストランでお食事休憩。画像を確認して、妙にひと安心するチャーリーさんでありました。

〜つづく
posted by CHARLIEE at 09:50| 好きです! 戦隊/特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

デンジ写シーン更新

特撮関連のお知らせです☆電子戦隊デンジマンロケ地ブログ『デンジ写シーン ふたたびッ!』を更新しました。今回は、場所は判明させていたけれども精査には行けていなかった物件です。

今年の関東の夏はパッとしない天気が続き、「ロケ地撮影日和」の日射しが得られず、悶々としていたところ・・・9月に入りちょうど暑さがぶり返してきたので「今だ!」とあせって行って来ました。(笑) 熱中症寸前の暑さの中を長時間徘徊し、激写してきましたよ。
posted by CHARLIEE at 23:15| 好きです! 戦隊/特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

昔はよかった的な・・

テレビやスマホ/タブレットとの子どもの密着性というか、それらの機器と乳幼児含めた子どもとの接触時間と学習能力、発達との関係についての書物を最近読んでいたのだが(講演も聴く機会があり)、子どもが静かにしているからといってさらしておくことや、早期教育の名のもと英語の音声を流し続けるなどは・・・非常に危険。プラスではないどころか・・むしろマイナス。日本ではそれほど浸透してきていないが、アメリカの小児科学会では強く警鐘が鳴らされている。


それでも、ギリギリの許容範囲として、要約すると「画面がシンプル」「子どもの生活に関連テーマ」「言葉ハッキリ/テンポゆっくり」ならば(※けっして推奨しているのではなく)、"まだマシ"という記述があった。


なんだかなぁ近年の戦隊番組にも通ずるものがあるなぁと・・・・
昔の戦隊(特に私たちの敬愛する80年代)は、「画面がシンプル」「子どもの生活に関連テーマ」「言葉ハッキリ/テンポゆっくり」だったではないか。


それが今はどうだろう。
はじまりの歌からしてなんかごちゃごちゃしていて・・・。エンディングもてんこ盛りの・・どんちゃん騒ぎ化しているような感じで・・・。ま、これも時代の流れ・・・とは思いつつ、子ども目線でほのぼの心が温まるようなあの昔の脚本なり映像なりが、いかによく出来ていたかが、今になってよくわかるというもの。


手作り感あふれていたというのかな。オーガニックって感じの。物足りない気もするけどちゃんと素材の「味」がしていた。


今は、たとえていえば、味よし!見た目よし!簡単便利!早いの安いのうまいの。。。おいしいんだろうけど添加物まみれ。。。みたいな・・・。慣れちゃうともう引き算はできない。足し算どころか掛け算にさらに掛け算でどんどんおかしなことになっていく〜〜

というような、私のフクザツな心の中、であります。
posted by CHARLIEE at 08:25| 好きです! 戦隊/特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする