2017年05月05日

寅さん6作目(1971年)「男はつらいよ 純情篇」

そういえば、チャーリーブログでは、なんとまだ5作目でレビューが止まってる状態だったね。もうとっくにもっとあとまで観てきているのだが。


この純情編は、若尾文子に宮本信子、その父親役で森繁久彌も出てくる回。のちにおいちゃん役となる松村達雄も登場していて、若尾文子のためとらやに往診に来るスケベな医者の演技が見事!
おいちゃんは、私の個人的な好みでいうと、初代の森川信・次の松村達雄の、このお二人の時代がやっぱり最高と思う。


寅が帰ってくる嫌〜な予感、の時のおいちゃんの顔ったら最高でね、あの表情によってスリリングさがいっそう増してね、喜劇役者出身ならではのテンポのよさもあるんだな。寅さんが帰ってきそうなことを予感させるカメラの角度もなんともいえない。


タコ社長(太宰久雄)にしても前田吟にしてもこのころ若いのなんのって! まぁ肌ツヤがいい。朝日印刷から独立を企てようとする博と、引き留めたい社長の間を取り持とうとする寅さんだけど、取り持つというよりいつもの・・・二股かけて引っかきまわして余計こじれさせるちゅう王道パターン・・・目もあてられないんだな。(笑)


戦隊ファンとしては、マドンナの夕子(若尾文子)の旦那役の垂水悟郎氏が、レッドフラッシュ(超新星フラッシュマン)・垂水藤太さんのお父様という点も、要チェックポイント。


そんなわけで(というわけでもないが)
今日は、柴又をぶらりと。↓ 江戸川です。
170505_1350~01.jpg

団子食べ食べ帝釈様へお参りしたあと、いつものように記念館へ。
参道に戻ってお昼を食べて、帝釈天の裏から土手に出て、矢切の渡しより舟で江戸川を松戸側へ渡る。そしてまた葛飾側へ渡ってくる。
風が気持ちいい。今が最高の季節。


船着場に近づく・・・名残惜しいが。
170505_1416~01.jpg
posted by CHARLIEE at 19:57| 寅さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tubuyakky〜熱い男・葉加瀬さん

下のスレッドの話題に関連して。葉加瀬太郎さん、10年以上前だけど夏に地方のジャズフェスで観たことがある。ステージへ登場の際「皆さん!こんにちは!(会場拍手) すみませんねぇこの暑い時に余計暑苦しいのが出てきちゃって!(笑)」 そのあと演奏後拍手が控えめで・・・「皆さんおいしそうにビール飲んでらっしゃる、もう演奏とかどうでもいいですかね 暑いですからね」 ホントご本人様も暑そうだった。
posted by CHARLIEE at 18:36| 音楽、演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフル患者と家族のカンケイ

ホント萎える、うちの旦那の「いまごろインフル」・・・季節はずれもいいところさ。。。(怒)


ひと昔前、テレビで葉加瀬太郎氏の奥さんの高田万由子さんが言ってた。

「結婚前は・・互いに風邪とか病気するとすぐ、大丈夫〜!?って心配してお見舞い行ったり看病したりでしたけど・・・・結婚すると変わりましたねー 本人のことじゃなく、もう『絶対うつさないでよ!!』ですもん(笑)」 そうそう、そうだねぇ。なんて思ったもんだ。(笑) "家庭"というものを"経営"してる以上、そうだよね。感染症持ち込まれるととジョークにならんからな。

本人の心配なんて誰もしてない、冷たいようだが、子どもとわが身の心配が先。(薄情・・)

唯一、チビ子が夫婦の会話の橋渡しをしてくれてる。・・・・子はかすがい。

ちなみに、対する葉加氏は、何年か前のテレビ番組で奥さんについて言ってた。
「朝起きると、彼女は起きたその瞬間からもうテンション高いというか、起きてすぐシャキーンて元気な人なんで・・・すごいなぁ!と思います」
なんと私が旦那に言われてることと同じでワロタ。(笑) 私の場合、尊敬ではなく、ただ単にウザがられてるけどね。

起きた瞬間からハイテンションなチャーリーさん・・・あぶない人だなぁとつくづく思ふ。
posted by CHARLIEE at 07:16| 子育て・家族・親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする