2017年04月10日

脚をつくる-3

●脚をつくる
●脚をつくる-2

脚講座のつづき。-1で書いた項目を詳説〜。

【チャーリー直伝☆今日からできる脚やせ】
●毎日オイルマッサージ。お風呂前かあと。

脚スクールで約半年ミッチリ仕込まれたこと+独学の研究の結果、私のカスタマイズした"脚マッサージコース"が以下です☆

お風呂前かあとが最適だけど、ま、ぶっちゃげた話、いつでもいいんだよ。"決まった時間"が重荷になっちゃったらやらないほうがいい。

←ヴェレダのオイル好き〜。
大き目のバスタオルを敷く。またはオイルマッサージ用に好きなデザインのレジャーシートを用意するのもいいね。マッサージタイムが楽しくなるもんね。

私は脱衣場の脚用マットの上でやってるけど、寒い時とかは浴室乾燥機or暖房をつけたバスルーム内にマットを敷いてやってる。ミストサウナ機能のあるおうちはそれをONにして、バスルームでやるのもいいですね。


☆ひざ下コース☆
@下半身ストレッチはしっかりやったあと、足裏をまんべんなくほぐす。土踏まずもね。

Aオイルを脚にたっぷりめに塗り、両手をげんこつにして、足の甲の筋(特に親指と人差し指の骨の間のリンパ)をゴリゴリとおり→足首の上まで流す。多少痛いのはしょうがない。

Bそのままげんこつでくるぶしまわりもゴリゴリ流す、親指でもくるぶしまわりをくるくる刺激。

C足首をしっかりつかみ、骨にそってひざまで 上げる⇔下げる を左右各10回ずつ。

Dふくらはぎの内側・外側をそれぞれ、骨にそって親指で流し、上へ上げる。内外/左右 各10回ずつ。
左右の手は外側では入れ替えると刺激しやすい。

E冷えのツボ・三陰交と、ひざ裏のツボ・委中も指圧します。

Fふくらはぎの気になる部分をつかんですねから下へつぶすように押し下げる。(セルライトをつぶす)回数はお好みで。青タンにならないギリギリまで、気がすむまで(笑)。

痛くなったらオイルを追加。

だけど、オイルなしでやる方法あり。→バスルームで、ボディソープや脚用ジェルを潤滑剤のように使って、やれる。セルライトコロコロや、足浴も兼ねてできるから、一石二鳥。
・・・ただ、すべるのでFの工程はできなくなるのが難点。

ここまでが「ひざ下コース」☆
何の気なしにやっているマッサージの工程をいざ文字化すると、意外に大変だったわ。(笑)

私の脚は絶対細くはならない、と思ってしまったら、ならないと思う。信じてみっちり実行すると、脚が(心も)変わってくるよ。これは実話だから。
そして、心当たりのある"余計な食べ物"を大幅に引き算して、毎日、一回一回の食事、口に入れるものを大切に、夜には肉か魚、卵も、ご飯をバランスよく食べれば、体質は絶対に変わる。

〜つづく
posted by CHARLIEE at 20:12| 日常、他、思うことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする