2017年03月05日

足元スッキリ生活

リハーサルにて。おいらの足元を激写してもらった。
S__2162758.jpg
マルチエフェクツはアンプの上、だからフットスイッチのみで配線スッキリ! ※上の配線はキーボード。


左からJAZZ(トーン)、クリア(トーン)、R(ロック)、R(ロック)ソロ、ハモリ(オーバーダビング風に音を重ねて作成したもの)これで十分。細かくニュアンスを変更したい時には手元のボリュームで微調整。


マルチエフェクターというものは、使い方を間違うと(過信すると)大惨事になる(重症になると自分で気づかない)、便利だけど使い方を誤るなという諸刃の剣。


マルチを毛嫌いする人もいるが、コンパクトの貴重品みたいなやつをゴタゴタならべて機材だけに凝った結果、もとのギターの音の原型とどめてない人っていう人が多い。さらに演奏が微妙・・・痛い音・・・というのだけは死んでも陥りたくないパターン。


マルチを使ってると(人によっては)「気取ってる」「うまそうに見える」「小生意気」「スゴイと思わせる」と言葉には出さないけれど、感じてしまう風潮はたしかにあるんだよね・・・。
そこで気取ってラックタイプのマルチなんか持って来てる女子がいようもんなら、(どんだけだろ=どうせろくなのじゃない)というのが先に立つのは否めないジジツであろう(男にとっては)と私は思う。そこで・・・その期待を覆す。そのくらいの覚悟というか、大げさだけれども、ただマルチ使ってるんじゃないぜ!という気合はいつも持ってる。


PAさんから昔言われた言葉。マルチを使うことに対して賛否両論あるがどう思う?という質問に対して。
「もちろんいい音がしていればよいのです。
いい男を連れているからといって
他人にとやかく言わせないのと同じです。」


要するにブレない自分を持って精進していれば、自分軸にこだわり何を使おうが、「それだけの人」=相応の人になれていれば、いい。文句のつけようのない音になっていれば。中身が伴っていれば。


マルチエフェクター。マルチで操作を楽にすることで(逆にマルチは設定が"固定"になるからリアルタイムでの操作が困難・・という人もいるが)、あれこれ考えなくて済むので、もっと他の大事なことに気を遣えるのがいい。良い意味で凝らなくていい。ひたすらシンプルケア。"基礎化粧品"だけで見違える肌にってなことと同じ。


というわけで足元スッキリ。おしゃれは足元から。いい演奏は足元から。
posted by CHARLIEE at 22:14| ギタリスト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ED曲

キュウレンジャーのキューキュータマタマ体操(なんか卑猥 笑)、もうああいうふざけたEDは嫌。戦隊体操のハシリだったサンバルカン体操くらいのシリアスさはもう少し欲しい。それにしてもキュータマ体操、一部「変なおじさん」を流用してませんか??


嗚呼・・・古き良き時代の勇ましさ感じる かつ 真剣さがピリッとくる戦隊ソングEDは、、、いつになれば復活するのだろうか。OP曲もどんどん"仮面ライダー化"している。妙にミクスチャーというかテクノロック化してて、ライダーと同一路線を行ってる気がする・・・。何て歌っているのかわからないし。


単に爽やかだけではダメ!と、ボーカルにも注文したい。戦隊の濃さがないよね・・・。アニキや影山さんほど野太くなくていいからさ、歌に芯が欲しい。そうだ、ソウルが足りねぇ。戦隊魂。


かつて"教育番組"だった戦隊番組も、親が見せたくない番組になっていくようで嫌だなぁ。昔のエピソードって毎回"教訓"がしっかり含まれているよね。まるで道徳の授業みたいな。


そんなこんなで文句タラタラだが・・・(笑)
デンジマンEDはいうまでもないが、チェンジマンEDも大好きなんだよなぁ、何だろう、何度聴いても心洗われる楽曲だよね・・・
posted by CHARLIEE at 10:30| 好きです! 戦隊/特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする