2012年02月29日

プロの目線

今年3歳になる子を持つ親同士、共通の悩みとして
トイレトレーニングどうしてます?が話にのぼることが少なくない。

自分自身、親の育児日誌をひっくり返してみると
1歳8ヵ月で完全におむつが取れているので
個人差は当然あると分かってはいるものの、ますます焦った。

昔は、布おむつ主流で紙パンツ(高級品(笑))は外出時だけだったらしく、
おむつを取るのにさほど苦労せず、早かった。とはうちの母親の話。
今のように機能性に優れた"サラッと快適"じゃない分、
子どもの肌には不快だったんだろうなぁ"おむつ"。
それがおむつはずしには奏功してたってことか。

一方、自分の子に何を試しても・・・あの手この手工夫しても
本人はまったく意に介さず・・・・
うじうじ・・・こやつはいつになったら・・・と思っていた時に
「別にー○○歳とかでおむつ取れてない人なんかいないから
もういいやーと思ってー(笑)」
というお母さん友達の言葉に救われた。

トイレに喜んで行くようになってもらうための
工夫や演技や芝居に疲れ(笑)、暗く悶々とした日々を送ってきた。

私の中で何かが吹っ切れた。
そうだそうだ、気にしない気にしない、
時の流れに身をまかせ、これでええじゃないか、である。(笑)
「トイレトレーニングなんかええじゃないか運動」が繰り広げられ、
いや、運動という名の下、ただの怠惰・・・・放棄・・・・放置。

だが、ここへきて一気に光が見えてきた。
2月に入り、保育園の先生が突然、
「あの子はわかってるから(トイレを承知しているから)
(布パンツを)やってみようか」と言う。
「ちょっとスパルタでやってみましょう」

おいおい
スパルタってあなた・・・・・・・
ナニッ!? よりによってこのクソ寒い時期にか!? 春からにしようよ・・・
ただ漏らしちまうだけだよーーー。
彼女がまだ"何もわかっていない"のは、この親の私がよく知ってるさ・・・
全然わかってないよありゃ。 まだまだおむつは生活長いよ。

いくら失敗しながら学んでく・・・とは言ってもねぇ、
あの子は感覚的にもわかってなさすぎだからチャレンジもクソもない。
しかもさ、この時期じゃ無理だよ・・・・逆効果だよ・・・
ああ・・・・洗濯物が増えるだけだっ!

と心で毒づきつつも、
先生の指導に素直に従い、布パンツを持っていってみると・・・
数回漏らしたものの、数日で「ほら、できてますよ」
あれよあれよという間に、おむつの出番が激減。
使用済みおむつのお持ち帰りがない。
朝はいたパンツのまま夕方も帰る!?!?

明け方4時、私の横で「・・・・ママぁ〜、おしっこでるぅ」
眠い目をこすりこすり、ふらふらとトイレへ行き、用を足してまた寝る子。

そんな子どもを見ながら・・・・
先生はやはりプロだなと。
「この子はわかっている」とどうして「わかった」んだろう。
私なんか見抜けなかったことを。
子どものポテンシャルの一角を見抜く眼力、鋭い。
そうして見抜いたらそれを一気に引き出すんだなぁ。
自分の"育児素人"ぶりと鈍感さを実感・・・・。(実感するなよ(笑))
先生に脱帽。
posted by CHARLIEE at 23:22| 子育て・家族・親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

3日前

先日予約したギタートリオの平日夜ライブ。 もうすぐだ。
なんだかドキドキしていて、なんだかソワソワして、ぶるぶるする。
・・・・・更年期か。(笑)
オットットリオ=是方博邦(G)、安藤正容(G)、野呂一生(G)のライブ。
フュージョンファンよだれもんの3人。
今週はオットットリオのアルバムばかり聴いてる。

3人が3人、それぞれに凄いんだが、音のカラーが違って、
でも合わさると可能性無限大みたいになるところがいい。

アルバムでも、センター・左右、どのチャンネルが誰の音か、
ギタリストならすぐわかる。
さらに誰が作曲したかも予想がつく。

ずぅーと聴いてきていると、私の中の超個人的な感覚の中での
音のイメージ。
ヘンな分析というのも含めて以下に記すのだが・・・・

■ロック度
是方さん>安藤さん野呂さん

■ジャジー度
野呂さん>安藤さん>是方さん

■音の質の繊細度
安藤さん>野呂さん>是方さん

ここまでは一般に感じる人も多かろう。

以下は私のヘンな感覚。

■鉛筆でいうと
野呂さん(2B)>安藤さん(HB)>是方さん(H) な感じ

■オトコぶり度(エロ度)
是方さん>野呂さん>安藤さん

■やんちゃ度
是方さん>野呂さん>安藤さん

■色
是方さん(赤)>野呂さん(深緑)>安藤さん(白〜シルバー)

■泥臭さ
是方さん>野呂さん>安藤さん

■都会派度
安藤さん>野呂さん>是方さん

■カンロク度
野呂さん>安藤さん>是方さん

■草食系男子度
安藤さん>野呂さん>是方さん

■しょうゆ度
安藤さん>野呂さん>是方さん

■長く連なったものにたとえると・・・・
野呂さん(干し柿※あんぽ柿)>安藤さん(そろばん)>是方さん(ほうとう)
デカ太丸 → 丸い、かつ、鋭利 → 幅はちょっと不規則で平べったい感じ

限りなくいろんなイメージができてしまう・・・・。

そして3日後、アフター6、いや7か。 
目黒ブルースアレイ。
私はひとりで飲んで、彼らのギター堪能する。フフッ。(怪)
posted by CHARLIEE at 23:29| ジャズ、フュージョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

噴火!第3弾

(※一応友人の)"一方的メール"に辟易している日記を下で書いたが、
生産的な会話のできない人と付き合っても仕方ないし、
もらうメールがストレスになる人に費やす時間が無駄なので、
縁を切ろうと思い、やんわりとクレーム書いたら、
反撃というほどでもないが、感想をどうして書いてくれないのかという主旨の
返信が来て、笑った。
前代未聞の空気読めない人だ。
感想の書きようがないメールを送るからだということに気がついていない。

日記や報告を書きたければ、ブログなりを開設してやればいい。

メールの受け取り方は人によりけりだから、不快に思う人がいても
別に不思議じゃないそうです。
結果的にはそうかも知れんが、事前に人が不快でもしょうがないやと思って、
わかってて送ってる人なんて世の中にいたんだ!!

フツーの人間なら・・・・特に顔の見えないメールでは、
言葉で人を不快にすることだけはしまいと、いつも考えているけどな。

人はこれこれこういう感想を書いてくれているが、
そういう感想がなぜ出ない的なことを書いてきているので、笑える。

元同僚。 仕事ぶりも優秀で、博覧強記の人なのに、
どこでこうなったんだかなぁ。
この屈折した心理・・・私は理解不能。
せっかくの素養や資質が・・・・人との円滑なコミュニケーションという点で、
こう、アダになってる感がしてならない。
♪頭ばっかりでも体ばっかりでもダメよね! プチダノン!ってCM昔あったけど
・・・そういうことかな。
♪AーBーCーは知ってても〜 それだけ〜じゃ困ります♪ってCM昔あったけど
・・・そういうことかな。

けっして中傷というか人の悪口を日記に書き連ねたのではなくて、
残念だなと思って書いている。
posted by CHARLIEE at 06:58| 日常、他、思うことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする