2010年03月30日

ムリヤリ完成

先週火曜からミシンをいじり、作製していた布団カバーがさきほど完成。
ループ付きタオル、せっかくヒモとかワッペンとかつけたのに
よくよくしおりを見たら、ゼロ歳児クラスは必要ないことがわかった。
ゼロ歳児クラスとはいえ、もうすぐ1歳だし、お散歩のあとに手ぐらい洗うだろう。
要らないわけない。 使ってもらおう。

敷布団カバーは極めてオーソドックスに作ったのだが、
掛布団カバーは、顔が触れる襟元だけ別の布、
しかも違う素材の布での切り替えにする
などという、ビギナーの分際で凝ったことを考えついてしまい、
やろうと思ったら止まらない性格のため、
そのまま自己流を貫き突っ走って、縫い目も荒々しいまま(性格マル出し(恥))、
ビミョ〜な段差がついたところは無理矢理縫い合わせ、強制終了。(笑)
テキトーもいいところ。 

テキトーにやる、というのが大嫌いな私ですら、
もう時間との闘いだから、ビギナーが完璧さを求めても仕方ない、
完成させることが先決。と「テキトー」を徹底した。(笑)
一連の作業を体験することに意義がある。と開き直って。

厳密なサイズもはからず、端切れをあてた感じで切り替えにしたから、
フリーハンドもフリーハンド。
しかもフツーの生地とはちょっと縫い合わせにくい
のび〜るストレッチ素材で余計に時間をくったけど、
為せば成る 為さねば成らぬ何事も。

夫婦で育休中なので育児も分担しているけれど、
それでも本当に時間がないので、な、なんと、バスルームにカバーを持ち込んで、
半身浴しながら風呂ふたの上でスナップボタン付け。(疲)
こうでもして時間をフル活用しないと追いつきませんぜ。

そして実家から調達してきたサラシでゼッケンみたいに名前を縫い付け、完成。
ようやく一仕事終わった。
posted by CHARLIEE at 23:52| 子育て・家族・親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

奇跡の生還−その3

木村タクヤ君(仮名)だが・・・・・
事故現場で動けず、そのまんま仰向けで真冬の寒空を見上げながら、
呼吸がおかしくなっていくのを感じていた。
そりゃ・・・全身複雑骨折状態じゃ・・・・血だって酸素運びきれんよ・・・・・

が、しかし、結果的に
「脳みそ」と「臓器の囲いの骨」「脊髄」の損傷はまぬがれていたのが
不幸中の幸というやつ。
手足はボロボロ、今も金具がたくさん入りっぱなしというが、
致命傷になるような部分は不思議と無傷だったらしい。

動けず、呼吸がおかしくなっていく中で
見上げた夜空に星がやけにキレイだったとか。
その星☆☆☆って・・・・頭打った時に漫画とかで出る
目から星が〜(;★Д☆)゙っていう
あの☆☆☆なんじゃないの??(笑)
などと茶化すこともできないほど、事故についての話に時折質問しながら
神妙に聞き入ってしまった。

星を見ながら
(ああ・・・俺死ぬんだなぁ・・・30歳かぁ・・星がキレイだなぁ)(※事故当時まだ30)
なんて思ってぼーーーっと倒れたまま。
するとスタタタタッと頭の上の方から
「大丈夫ーーー?」 命の恩人、登場。

〜つづく
posted by CHARLIEE at 22:47| 日常、他、思うことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いいのかねぇ

先日保育園の月額保育費が決まったのだが、
送付されてきた書類を見て、
(な、何ですと!)

高いんじゃなくて、
安すぎるのだ。

私の予想というか妄想というか、区立の保育園の保育費の相場も知らず(特に調べず)、
ただのイメージでは4万前後、高くついて5万以内くらいかなと思っていたのだが、
さすが区立。
そうだよな、それが福祉というものなんだな。

自分の給料を日割りにしたとして、2日働いた分でおつりがくるくらいの月額が
書類に印字されているから、何かの間違いでは? 算出ミス?などと思ってしまった。
今は保育料安くても、2歳3歳と徐々には上がるんだろうけど。

でも、実際に決定した今年度の保育費の額を見て
あの貼り紙の内容とつながったような気がする。

あの貼り紙とは・・・・
保育園が決まって書類を取りに行った時に、外壁に貼ってあった保育士の募集要項。
やけに月給が安くてその額に驚き、あんなに大変な仕事なのに
もっと上げられないのか区長さんよォ、と要らぬ心配しとったのだが。
規模小さめだから諸事情あるんだろうけど。

でも、今回の決定の基準に問題はないのだろうか。
保育園の申し込みの際に提出した、産休+育休入った年の、収入が激減している
源泉なんて目安にされたらそりゃ保育料が安く設定されるわな、と思うのだが
これは素人目線なのだろうか。
フルに働いていた時の源泉でなけりゃ、正確な判断できないと思うんだけど。
ま、決まっちゃったものは素直に受け止めるけども。
posted by CHARLIEE at 20:13| 子育て・家族・親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする