2017年10月16日

休日仕込み 平日弾き込み

2月に向け、赤プリの仕込み始めた。
当然100%耳コピなのだが、かなり聴きなれてる(と思ってた)曲も、意外と関門あって。何といってもオーバーダビングしてるやつとか、ギター2のパートを省略せずに、ギター1といかに組み合わせるか。原盤を聴いてる感じに再現したい。


変なギミックが原盤に入ってて、本家たちも生では特に再現はしてないみたいだが、原盤に忠実に音を出せば、しかも中途半端なできそこないではなく、"完全に再現"すればそれはそれで お客様は大喜びだろうなという部分を、「劇似」完コピしたサウンドも作ってみたり。


実際ピッキングしてる部分と、エフェクトで遅らせて鳴らしてる部分とを聴き分けて、実験をくりかえす。(タイムが合うように設定)

(大きな声では言えないが、ライヴバージョン取り入れたところで本家のギターさんたらとっても粗いので・・・あえて取り込みたくなく(笑)、だったらスタジオ原盤どおりを再現したほうがよかろうと・・・)


そうこうするうち・・・いつもなら3種類程度で済むものが、5種類の音色に。

この手のジャンルって技術的にスタジオミュージシャン的要素が高いので、小技が満載なのだ。


後期の曲で構造的にけっこう複雑な曲があり(それが出た頃は私はもうとっくに邦楽から離れており)、今回フルにやるとなると、自分的には「お初」で新鮮だったり。キメキメづくしの難解さが、かえって快感になってきた。
我々のポテンシャルが、非っ常に問われる曲なのであります。これキメられたら相当箔がつくよ。
posted by CHARLIEE at 21:07| ギタリスト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

意訳

たまにつぶやいてるけど、海外発の本で、訳されたものを読む時、訳者が女性か男性かというのをだいたいの確率で当てられるって話。


意訳がうまいというか日本語の文章として自然で、「なめらかさ」があるとだいたい女性。言いたいことは分かるけれども、コレ・・日本語に変換したまんまなんだろうな・・という 要するに英文に特有の 注)が差しはさまれるのが多くて日本語の構成として不自然だったり。そういう日本語はまぁわからないでもないけどお堅いよ、とか。


それとはまた別の話になるんだが、マイルス・デイヴィスの自伝なんか一人称は全部「オレは・・・」だし。(笑) 最近半身浴のお供としてバスルームで読んでる、昔の『ジャズ批評』のアート・ブレイキーのインタビューなんか、「〜〜しておってね」「〜〜というバンドをやっておったんだが」「そりゃもちろんだとも!」とか、、、"お年寄り扱い感"がやけに端々に出ていて笑いを禁じ得ないのだ。いくらなんでもさぁ・・・昔ばなしのおじいさんじゃないんだからさぁ。ま、巨匠の威厳というのも出し過ぎなのもアレだけど、こういう系もイメージ損ねません?? いや、かえっていいのか?(困)という・・・。

おそらく名著と言われてるだろう半世紀近く昔の音楽の指南本なんかも、けっこうガチガチの直訳めいてて。だけど逆に日本語かみしめたりね。(笑)
posted by CHARLIEE at 20:30| 日常、他、思うことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふりむけば、フレット交換 - 連載2

>>前回までのあらすじ>>
私の今年上半期のトピック。3月、ライヴのスケジュールの合間をぬって、ギターのフレット交換(初)。工房に入院させリペアマンにお任せしたYAMAHAのパシフィカ。工房から送ってもらった"手術"の過程。>>
前回は こちら。フレットを抜いて、溝切りをしてもらったところまでを書いた。



ほぼ29年のギタリスト人生で初の交換、というのは、そこまで状態が悪くなったギターが今までなかった、ということと、そこまで酷使するほど弾きこんだギターがなかったということになるのかも。


私のパシフィカは(もうかれこれ使用17〜18年になるが)、欲しいと思った時、なんとどこの楽器屋にもなく、YAMAHAの元締めにもなく、とにかくモノ自体の在庫がないから取り寄せ自体不可能で、YAMAHA直で生産してもらった。すぐ手に入らず結果的に受注生産してもらったことになる。不運というよりむしろ幸運。


だから試奏もしてないわけだけれど、"良いギター"の直感は当たりだったわけで。


というわけで買ったあの日から切れ目なく今につながってる感覚で弾き続けているパシフィカ。


機械で削って、まずは大まかに逆反りを直してるところだそうです。
逆反り直し(機械により大まかに).jpg


フレットの溝切り。
フレット溝切り.jpg
足りない溝を切り足して1日おくそうです。


指板調整中。すごいなぁ職人さんて。と思いません?
指板調整.jpg


いよいよ新しいフレットを打ちこむ。
フレット打ち.jpg
また一日おくそうです。


打ちこんだら、フレットのサイドを調整。
フレットのサイド処理.jpg


やっぱり餅は餅屋ですよね。
スクールにきちんと通ってこういう学科を修了しないで自己流とか独学ってのはまず危ないね。で、こっちにかかって肝心のギター技術向上のほうがほとんどお留守・・ってのが最悪パターン!(笑) 料理なんかとは違うから。

〜つづく
posted by CHARLIEE at 20:10| ギタリスト生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴食〜

このブログを「牛飲馬食」で検索すると、去年の 突然の甲状腺炎症での激やせ を解消するために一生懸命食べた日々(笑)の記事にヒットするが、昨日はまた違った"暴食"。

チビ子の授業参観に行ったあとダッシュで帰り、昼用に作っておいたカレーを軽く一皿食べてから、お目当てのドキュメンタリー映画を観に、外出。
上映後、映画館前で私のことを「出待ち」(笑)してた友達とおちあって、同駅の甘味処へ。

私は"女子"が好きであろう甘味処や話題のスイーツ店の類に全く行く用事がなく=興味がなく=嗜好が違うので縁がないのだが、日ごろの仕事の疲れか、最近脳が求めているようで、友達といっしょに"そういういところ"にも気分転換に行ってみようという気になった。

とことこ歩いて目当ての店へ着いた。こじんまりとしたあったかい昔ながらの甘味処で、クリームあんみつを注文。フルーツもアイスもあんも・・・何もかもがてんこ盛り!! 中盤からは黒蜜を一気にかけて完食。

普段の私なら食べきれないどころか、見るだけで胸焼けしそう、いや、はじめからまず欲さないであろう食物が、胃袋におさまってしまった!

あんみつで満腹(*´Д`*)と思いきや、その上に、メニューにある「いそべ巻」がどうしても食べたくなるチャーリーさん。どうしたんでしょうかこの食欲。秋とは言えども。

というわけで、想像していた2枚のいそべ巻がのった皿 のシーンだが、実際運ばれてくると なんと3枚出てきた上、雑煮のような具だくさんのお吸い物が! いそべ巻のオプションというより・・・お吸い物メインのような具だくさんさに驚愕。お新香までついて。これで650円でいいの!?(笑)

さすがの私も「想定外・・」。でも、なんだかんだ言いつつ完食。・・・思えば昼食のカレーは、味見程度の一皿であったので、ワタシのカラダも炭水化物を摂取せねば!と渇望していたと考察される。

なもんで、あんみつの上にいそべ巻3枚にお吸い物。「これ夕食」と茶化しつつ、完食し、談話して店を出た。

帰宅後もう夕食は入らないと思いきや、カレーを今度は"普通に一皿"平らげた私。普段の少食が今日はどこへやら。この原因は「疲れ」という結論へすぐ持ち込む私・・・。

久しく栄養剤など飲んでいなかったが、アリナミンAにもたまには頼ることにした。神経痛とか原因不明の不調とか、栄養不足から来ているのかもと友達に指摘され。
posted by CHARLIEE at 11:43| 日常、他、思うことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

追われ続ける生活

イベントづくし。転職前の仕事もある意味イベントづくしで年中繁忙期。毎週毎週がお祭りみたいな仕事だったけど、転職後もより一層・・"追われる生活"のような・・・。潜在的にそういう仕事を選んでしまうのかね?? 宿命か。

で、腹痛にたえながら大きな仕事が終わり、さぁ今度は師走にむかって動き始めるのだが、ってその前に来週、寝耳に水な話が。

先日の夕刻、帰ろうとするところ「来週の〇〇よろしくお願いしますね」と先輩に頭を下げられ、心の中は(聞いてねえ!!)(焦) てっきり自分の名前がどこかに書いてあったのを自分で見落としてたかと思い、「〇〇に書いてありましたっけ!?」「いいえ、かくかくしかじかと決まって、やっぱ〇〇さんがいいだろうって、来てもらおうってことになって」 ・・・・いきなりだな。。。

白羽の矢が立ったというかは、"関係者"として腐れ縁というか、私が真っ先に挙がるわなという去年度からの流れがあり。

仕事それ自体はいいのだけれど、なぜもっと早く決めて言っておいてくれないのだろうかと。心の準備ってものがあるしよ。。。私の苦手分野は「臨機応変」これなんだから!(笑) だめなのよ突然振られるの。そこの強化も課題なんだけどね。
posted by CHARLIEE at 09:02| 仕事デイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

夢見

くり返しよくみる夢については書いたことがあったが、このほどまた夢を見た。


それは初めてみた夢だったが、くり返しみる夢と構造的には似ている。


今回のは。
うちにバスルームが2つあって(ああ忘れてた ここにもついてたの)なんて思っており、バスルームはリビングの壁の入口を入るとあり、バスルーム含む廊下がこの奥からコの字型に裏回廊みたいなことになっていて、それをたどると途中、"裏リビング"みたいなあたたかな間接照明の個室居酒屋風な空間があり、(ああここも全然活用してなかったなぁ。そいえばすごい財産あったもんだなぁ。すぐさま掃除してぜひ使わなくては。宝の持ち腐れじゃ!)などとバカげたことを本気で思っているなんとも能天気な夢。


そしてその回廊のコの字の最後は・・・いつもの部屋の壁にまた通じている。やけに"裏"にいろんな隠し部屋づくしで、今まで知らなかったというより、おっと!忘れてた!と思い出し、もったいながるというか、活用せねば!などと鼻息荒くしているゼイタクな夢なのだ。(笑)


こういう夢は何を示唆しておるのか皆目見当がつかない。(笑)
ひとつだけわかるとすれば、ワタシの脳が疲れているという事くらいかしら。
posted by CHARLIEE at 23:59| 日常、他、思うことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろと支障が・・

9月だったか、耳のリンパが腫れてる疑い??で耳近辺の違和感。今月は緊張性か??お腹の調子が突然・・・。

そして今度はまたもや耳が痛い。だけど今度は耳介から耳の後ろにかけて神経痛みたい。20秒おき間隔で襲ってくる。(笑)

健康体そのものあるいは強靭なスタミナ/体力が売りで、超人?変人?いや、、変態?だったチャーリーさんも加齢には勝てないようです。

30代前半の、全速力で人生かっ飛ばしてたエンドレス残業生活の時の、あの肋間神経痛を思い出すような・・・ビリビリっと来る痛みが。何だろうこれ。(怖) 朝だけEVEを飲んで耐え忍んでいる。

バターコーヒーは絶賛継続中だが、朝は普通に食べることにした。といっても腹六分〜七分程度だが。体重増やし作戦。
posted by CHARLIEE at 23:18| 日常、他、思うことなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする